スカルプケアで髪の毛を美しく

あなたは、普段から抜け毛に悩まされていませんか?髪の毛のタンパク質不足や水分不足によってハリとコシが失われた細くもろい髪の毛になってしまうと毛根自体も小さくなってしまい毛穴の奥で毛根を支えるためのしっかりとした保持ができなくなってしまうため髪の毛も抜けやすくなってしまいます。そうなると、ほんのちょっと頭皮がかゆくて指先で書いたりするだけでも勝手に髪の毛が大量に抜けていくということが起こってくるんですね。
そうならないように太くしっかりとして針と腰とツヤがある髪の毛が育ってくると、そう簡単に髪の毛と言うのは抜けなくなります。
もちろんこれは、毛根が太くしっかりとした星ができる者に育ってくるからであり、そのためにはこの髪の毛の質と毛根だけではなく、頭皮の毛穴のほうも血流がありしかも表面的にはしっかりと潤いがあって引き締まった頭皮の毛穴を作ることによる、スカルプケアによる抜け毛防止効果と言うものも必要になってきます。
これは8本蔵主と言うよりも、抜け毛防止といった方が良い対策ではありますが、むしろこちらの方が効果としては非常に持続性の高い効果が高いやり方と言うことがいえます。
通常の場合髪の毛と言うのは新しく育ってくる成長期、退行期、休止期、と言う3つのサイクルがありそれによって成り立っています。髪の毛が抜けてくるのは、そのうちの太閤記と雨中色によるもので、髪の毛が成長している最中の成長期は髪の毛はそう簡単には抜けないようになっています。もちろんこれは絶対ではありませんが、意図的に強い力で引っ張らない限りはそう簡単に抜けないんです。
そのためにはやはり髪の毛の主要栄養素であるタンパク質、水分と言うこの2つが大切になってきます。髪の毛の主要栄養素がタンパク質と言う事はご存知の方も多いと思いますが、そのためには植物性タンパク質が3割、残りが動物性タンパクしつということが必要になってきます。なぜ動物性タンパクしつの方が主要成分なのかという理由までは、まだわかってはいませんが、動物性タンパク質をできるだけ頭皮の血行を阻害しないように体コレステロールな状態で普段の食生活の中でできるだけヘルシーな状態で摂取するようにする事で、髪の毛が育ちやすいタンパク質が主力になっている太く張りがあって腰もある強い髪の毛が育ってくるんです。
またそのためには、血流が良い状態であることが必須になってくるため、その血流が良い状態を作ることを助けてくれる、動物性タンパク質をとったときに必然的についてきてしまう悪玉コレステロールの吸収を抑えてくれる食物繊維などもしっかりと取る必要があります。
そのためにはジャガイモやサツマイモなどにも含まれている植物性の不溶性食物繊維、そして海藻類に含まれている水溶性食物繊維も同じ位必要になってきます。そうすることで、腸内環境の中で、コレステロールが血液の中に吸収されることを阻害してくれて、血流が良い状態と言える「血液がサラサラの状態」を作り出すことができるんですね。

  • 2017/05/17 20:33:17